呼吸器内科医師募集ナビ

呼吸器内科で転職する場合のポイントとは

呼吸器内科でキャリアアップや年収アップを目指して転職したいなら、好条件の求人案件を見つける必要があります。そんなとき役に立ってくれるのが医師転職サイトです。

リクルートドクターズキャリアは業界でもトップクラスの求人数を誇り、呼吸器内科の求人もしっかりカバーしています。まずは登録して求人を探してみるだけでも価値のあるサービスです。

呼吸器内科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
呼吸器内科の非公開求人の情報も多くあるため、転職のチャンスが多い
長期的に安定して働くことが可能な求人情報も多く充実している
医局では見つけられない有料求人が豊富で、年収のアップも十分に期待出来る



医師転職ドットコム 無料 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
将来のキャリアアップにつながる呼吸器内科の転職情報も多く、選択の範囲も広い
■一度退職した方も再就職を実現できる呼吸器内科の求人情報が掲載されている
業界でも最大級の求人を保有しているので、その中から条件にあった職場を紹介してくれる



エムスリーキャリア 無料 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
呼吸器内科に転科したいことを考えている方にも求人情報が見つけやすい
非公開求人も充実しているので、よい情報を見つけやすい
■年収やその他待遇など、気になる部分を交渉し、希望に合わせた条件を獲得してくれる



MCドクターズネット 無料 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■幅広い求人情報の中から安定して納得できる求人情報を見つけることができる
■長期的に働ける転職情報が多く掲載されているため、呼吸器内科の情報を見つけやすい
■紹介実績が豊富で、優秀なコンサルタントがより条件に近い求人を見つけてくれる



JMC 無料 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
呼吸器内科としてキャリアアップを目指したい方にもお勧めの転職情報が多い
安定して長期的に働ける求人情報も多く、給与アップのチャンスも多い
■蓄積されたデータを元に適正な年収を算出し、よりユーザーに合った求人を紹介



呼吸器内科の医師として転職したい方へ

内科系の中では循環器内科や消化器内科に次いで求人数が多いのが呼吸器内科です。総合病院では指導医、専門医、後期研修医までの求人が多く、地域の一般病院では即戦力の10年以上の経験のある医師が求められる傾向があります。療養型病院や在宅医療では、呼吸器管理が必要な患者が多いので、呼吸器内科の専門医のニーズが高くなっていますが、急性期病院では診療科の集約が進んでいるので、呼吸器内科のニーズは限定的となっています。必要医師数実態調査では、呼吸器内科の必要医師数は約800人ですが、そのうち約55人が非常勤での求人募集となっており、経験があるかたでしたら、常勤医として採用されるのは難しくありません。

呼吸器内科の医師として働きたくて転職をするかたは、給料を比較するのはもちろん大事ですが、労働環境もチェックしないといけません。たとえば、オンコールがあるとないでは働きやすさが大きく異なります。オンコールがあると、お仕事時間が終わっても、呼びだされることもあり、ご家族がいるかたは、ご家族との時間が取りづらくなってしまいます。また、当直があるかどうかも重要なことです。週に1回でも当直があると、体のリズムが狂い、質の高いお仕事ができないというかたも多く、当直がない病院へ転職をしたいという希望があるかたが多いです。

年齢はあまり関係がなく、あくまで能力主義の世界であり、能力があるかたは優先的に採用され、高待遇で迎えられますが、経験が乏しくかたは、不採用となってしまうことが多く、高待遇でもありません。呼吸器内科で活躍をしたいというかたは、経験を積むしかありませんので、最初は給料が低くても、地方の病院で働くのがおすすめです。地方の病院では、医師が不足していることもあり、さまざまな業務をおこなうので、しっかり基礎的な部分からお仕事を覚えることができ、どの病院でも活躍できるだけのスキルを磨くことができます。

転職をする際には、転職支援サイトに登録をし、キャリアコンサルタントのかたに転職に関することを相談するのが一番です。キャリアコンサルタントのかたは、幅広い業界に精通しており、どの分野のお話もすることができます。ご自身の要望を聞いた上で適切な求人を紹介してもらえることや応募先に応じた履歴書の書き方、面接での受け答えの仕方などもアドバイスしてくれるので、非常に便利です。まだ登録をしていないというかたは、ぜひ、登録をしてください。


Copyright (C) 2014-2016 呼吸器内科医師募集ナビ All Rights Reserved.